楽したって良いじゃない。自分なりのフレームワークを持って効率よく課題にアプローチ!

仕事で同じミスを繰り返してしまい、注意されて気を付けても同じことを繰り返してしまうことありませんか?

こうなってくると自分の中で焦りだけが大きくなり、冷静に対処できなくなってきてしまいます。
この状況に陥らない様にするためにはその場しのぎの対応でなく、根本的な課題に足してのアプローチが必要になります。

ただし、この突き詰めることに慣れてないと堂々巡りをしたり、ポイントがずれて根本的な解決に結びつかなかったりします。
これを繰り返すと疲れてしまい、さらに自分を見失ってしまう悪循環になるので何とかならないかと思っていたのですが、
今回の記事を読んで楽をするためにフレームワークを作ることがあげられていました。

さて、俺個人としては仕事のピンチにおける本当のピンチとは、冷静な判断力を保つことが難しくなってしまうこと自体だと思います。とにかく手を動かしていかないと目の前の作業が終わらないから。「根本的に何とかしなきゃ」と思いながら、目の前の「漠然としたヤバさ」に押し負けてしまう。思考が停止してしまう。

やばい、この状況よく陥ってます……。

そいえばいつも0ベースで考えていたので、かなり効率が悪いことをしていたと思います。

ピンチの原因をさぐるフレームワーク作り…… \それある!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)