3色ペンでコミュニケーション力アップ!文脈力を養うメモのつけ方

齋藤孝の『大人のための会話の全技術』から文脈力を鍛える方法が紹介されていました。

会話上手になるための力を、「コミュニケーション力」と定義して
この「コミュニケーション力」の基礎能力の磨き方について具体例が書かれています。

その中で「三色ボールペンを使ったメモ術」は良い方法だなと思います。

やり方はメモを取るときに、下記の様にする習慣にする方法です。

  • 「まあ大事だ」と思ったキーワードを青
  • 「すごく大事だ」と思ったものを赤
  • 自分が思いついたキーワードを緑

この様に色を変えてメモを取ることで「意味の優先順位」を決めることになります。
これを繰り返すことで、相手の話の要点を外すことが少なくなり、要約も的確にできるようになるそうです。

簡単に始められるのもポイントが高いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)