月別アーカイブ: 2015年6月

まるで映画の世界!Googleが公開した新しいデバイスコントロール

デバイス本体ではなく空間で動かした手の動きで操作ができる技術をGoogleが公開しました。

動画で見ていただければわかりますが、
まるで映画の様に離れたところからデバイスを操作しています。

これは手の動きを正確に感知するレーダー技術を使用して実現してるそうです。

市場に出回るのはまだ先でしょうが、色々な可能性を秘めていてワクワクするニュースですね!

その知識いかせてますか?ただの物知りさんでは終わらないインプットとアウトプットの時差を縮める方法

この記事はアウトプットの大切さとどういう取り組み方をするかが紹介されています。

アウトプットとの時差を縮めるインプット方法

  1. 何をインプットしたいかが明確
  2. 次のアクションにつながるインプットをしている

1番は<意識の焦点>の内容で、時計の例が非常に分かりやすかったです。
時計のデザインを聞かれて自分の時計を見た後に、時間を聞かれたら答えることができない。

2番は<具体的にどんなアクションが取れるようになるか?>を意識するとインプットの活かし方が変わってくることを説明されています。

せっかく得た知識をうまくいかすことが出来ないのはもったいないので
アウトプットが苦手だと感じてる場合はこの方法を取り入れてみてはいかがでしょうか?

スマフォ広告解析に心強い味方!スマートフォンに特化した広告バナー分析ツール「CREATIVE BOX」

年々加速するスマートフォン市場のなか解析ツールも日々進化しています。
株式会社CyberZがスマートフォンに特化した広告バナー分析ツール「CREATIVE BOX」を発表しました。
導入の仕方や価格は探してみましたが、現段階では残念ながら見つけられませんでした(汗

このツールを利用すると何ができるのかというと、
スマートフォンで配信した広告の実績を一元管理できるようなります。
主な機能

  • 広告バナーを可視化
  • 複数の業種カテゴリ別にデータを閲覧
  • トレンドを分析
    • 一元管理できるのは魅力的ですね。
      一つのツールで比較できるので集計に時間を取られず、解析に時間を使うことが出来ます。

      追加機能を開発中なので、利用者のフィードバックでさらに効果的なツールになっていくと思われます。
      今後どのように発達するのか興味深いツールです。

毎日5分で文書力アップ!Twitterを利用した練習方法

相手に伝わる様に話したり書いたりするのはビジネスをするうえでも重要なことですね。
そこで今回は毎日のちょっとした時間でできる「文章が上達する練習方法」の記事をご紹介。

Twitterを利用してちょっとした時間に練習する方法です。
要約すると下記になります。

  • ネットの記事を2分以内で読む
  • 3分で記事の内容を「Twitter」に要約する
  • 通勤時間などに毎日繰り返す

Twitterの文字制限は140文字なので自然と「要約力」と「文章力」が鍛えられれます。
これは文章だけでなく伝える練習として実践的ですね。

履歴書は不要!検索結果で応募が出来る「エゴサーチ採用」!

何かと楽しいことを行っている面白法人カヤックさんが新しい採用方法を開始しました。
その名も「エゴサーチ採用」!

このエゴサーチ採用、Google検索結果を履歴書代わりにするというものです。

  • 特徴をまとめるとこのようになります。
  • 履歴書は一切不要
  • 検索で一番上にくるワードで応募する
  • 検索ワードは自分の名前やブログ名、その他の複数ワードでもOK
  • 応募したワードは人事担当者が1つずつ検索して選考結果が通知される

普段からWebで情報発信をしている人にとっては、今までの活動履歴がそのあま自己アピールになるし、
採用側は履歴書だけでは見えない所も見れるのでとても良さそうですね!

朝起きれない人に朗報!?SNSを利用した目覚ましアプリ5選

朝起きる時はどうしてますか?

自分は目覚まし時計とスマホのアラームを使用してます。
アラームは4つセットして何とか奮闘しています。

そんな中々起きれない人に役立つアプリが紹介されていました!
それも5つ!

どれもソーシャルネットワークを利用して誰かが起こす手伝いをしてくれます。
独り身で朝に自信がない人や、この時間に絶対起きないといけないという人にはオススメです

そのフォーム本当に使いやすい?離脱が多いフォームの改善方法

今回はEFO(エントリーフォーム最適化)で良い記事をご紹介。

ECサイトのカートやイベントサイトなどの申し込みに利用されるフォーム。
そんなフォームをアクセス解析で見てみると直帰率や離脱率が他のページと比べて高いなんてことはありませんか?

そんな時はフォームがユーザーにとって使やすいのか見直してみましょう。
紹介記事には下記の3つに対して対策が具体的に紹介されています。

  1. ムダなリンクが無く、フォーム専用のレイアウトになっている
  2. 必須項目、入力エラーをリアルタイムで伝えている
  3. 間違えてフォームと閉じることを防ぐ「確認ダイアログ」を実装する

これ以外にも下記のような対応も効果的です。

  • 住所入力で郵便番号からの自動入力サポート
  • テキストをクリックでラジオボタンやチェックボックスの有効化
  • 入力項目を極力減らす

プログラムの兼ね合いもありますが、すぐにできる内容から改善していくだけで効果が期待できます。

無料で使えるエントリーフォームをお探しなら、
シンクグラフィカさんの「メールフォームプロCGI」が個人的にオススメです。
メールフォームプロCGI

「なんでこれで無料で提供してるの!?」というくらい大盤振る舞いな一品です!

あれ?質問の返事をしたら空気が変わったぞ!?という場合はポイントがズレてるかも

「ズレないためにどうしたらいいか?」ではポイントとして次の2つがあげられています。

  1. 会話に出てくる単語からヒントをつかもう
  2. いま、自分が期待されている役割は何かを意識しよう

2番目の項目は指摘をされたことがある内容でした。
相手のことを考えること、
そして、どれだけ自分を客観視できているかが必要になります。

客観視をするためには自分を知ることが必要なので
得意なことそうじゃないことを書き出していくのがオススメです。

書き出していく時はマインドマップを利用すると後で整理できて便利です。

続きが気になる!漫画で分かるネット広告で集客する方法

現在広告の勉強中なので非常に続きが気になります。

アドワーズとアナリティクスの連携やCV設定など手探り状態でもまだ対応できますが、
この後の運用の仕方はどんなことをするのかうっすらとしか見えておらず
注意しないといけないポイントはどこなのか課題が山積みです(;´Д`A

でも新しいことをやるのは刺激になりますね!
これを確りと出来る様になればお客様にも喜んでもらえて
自分の自信にもつながるので何とかモノにしてやろうと静かに燃えています。

そして、この主人公にはひそかに萌えています(笑

ビジネスで自分の意見言えてますか?意見を口に出した方がいい、7つの理由

これは何とも身につまされる記事ですね。

黙々と業務をこなすのに慣れてしまっていた自分には
自分の意見を言うという事が欠けていたので今非常に苦労しています(汗

この記事で書かれている7つの理由はもっとで、
4番目の「間違っていても、その理由を学べる」を
意識しながら取り組むのが良さそうですね。

後は実際に行動して、学べるかが課題ですね(笑